ジュニパーのパートナーであるStructured Communications が、レーシング チームのデータ センター刷新を担当、ジュニパーがスポンサーを担う同チームは上位5位に
四輪市販車をベースに改造した車両(ストックカー)で順位を競うレース「NASCAR(ナスカー)」。そのNASCARを舞台に戦うチームの1つ、ジョー・ギブズ・レーシング(JGR)がこのほど陳腐化したネットワーク インフラの刷新に乗り出し、MetaFabricアーキテクチャを軸としたソリューションを採用しました。レースコースという舞台の上でも、それを支える舞台裏でも、優れたパフォーマンスを発揮することになりました。
ジュニパーは、No18 JGRのドライバー、ダニエル・スアレスのスポンサーを務めています。彼は NASCAR XFINITY シリーズ フードシティ300で第5位に入賞、複数のレースで上位成績を収めたドライバーに贈られる「Dash 4 Cash」と呼ばれる賞金100,000ドルも手にしました。
現在、カーレースの世界では、どのチームもレースカーの研究開発やバックオフィスのパフォーマンス向上、さらにはドライバー、ピットクルー、スタッフを結ぶ通信システムの高信頼化に向けて、最新テクノロジーを駆使しています。JGRでは、仮想風洞実験、自動加工、パーツの3Dプリンティングから、スポンサーロゴのプリントに至るまで、レース関連のあらゆるものを自前で管理しています。このため、多種多様な業務を支えるネットワークの高可用性が求められます。
レーストラックにとどまらず、同チームをサポートするオフィスでも質の高い通信環境を維持するため、耐障害性、信頼性、セキュリティに優れたネットワークづくりに向けてJGRチームが選定したのがStructured Communicationsでした。
JGRのクルーは、メジャーレース開催中は24時間3交代制でチームを支えます。例えば先月テネシー州で開催されたブリストル モーター スピードウェイもその1つ。同レースでジュニパーはNo18のスポンサーとなりました。優れた精度や耐障害性、一瞬の遅れも許されない高信頼の通信環境が求められる世界では、ダウンタイムはもってのほか。レースカーの性能データを分析して、クルー責任者にフィードバックを送り、ドライバーとの高度な連携を実現するうえで、今後はJGRの新ネットワークがレーストラックの内外をタイムリーに結び、優れたパフォーマンスを発揮することになります。
Structuredのソリューションが生み出したオープン、スマート、セキュアを特長とするハイ パフォーマンスなネットワーク
今回のネットワーク刷新について 『Network Computing』の記事で、JGRのCTOであるジム・フォリー氏は、「JGRのモットーは『すべてにおいてスピードとベストを求めよ』。当然、ネットワーク インフラも、この考え方に沿っていなければなりません」と語ります。
現在、JGRのデータ センター ネットワークには、ジュニパーの MetaFabric™ アーキテクチャならではの要素が盛り込まれています。
  • JGRは、 QFX5100EX4300の両スイッチに、 バーチャル シャーシEX3300スイッチ を組み合わせ、拡張性に優れたソリューションを導入しました。この結果、ネットワークが煩雑になることなく、柔軟性を高め、リソース消費を抑えることができます。さらに、ジュニパーのバーチャル シャーシ技術により、複数のスイッチを束ねて単一のデバイスのように運用できるため、シンプルでフラットなネットワークが実現しました。また、LAG(リンク アグリゲーション グループ)の活用でリンクの冗長性が高まり、アップタイムが改善しました。
  • ネットワークのダウンタイムを回避するため、JGRでは、 Junos® Spaceを採用し、ジュニパーのスイッチング製品やセキュリティ製品の管理を自動化することになりました。
  • レース シーズン終了後は、支店環境向けファイアウォールの「SRX210サービス ゲートウェイ」で大切なビジネス資産を守り、来季からは EX2200スイッチでレーストラックと本部の連携をさらに高めます。
  • 今回の導入にかかった時間は全部で72時間。コアの刷新にはわずか12時間しかかかっていません。ネットワークの新たな可視化環境を手にしたJGRは、緊急課題だったリソース問題を迅速に解決したのです。
Structuredのセールス ディレクター、ダニー・マクスウェル氏は次のように話しています。
「ジュニパーネットワークスのパートナーとして、個々のお客様のニーズに合わせて、クラス最高水準のテクノロジーをお届けできる体制が整っています。JGRに対しては、シンプルで高信頼、しかも管理しやすいネットワーク構築のオプションを提示できたため、インフラに頭を悩ませることなく、レースに勝つことだけに集中していただけたと思います」
JGRの手により、ジュニパーロゴの入ったレースカーが出来上がるまでの様子を1分半のビデオ(微速度撮影で制作)にまとめました。ぜひご覧ください。

[× 一覧に戻る]