技術専門誌CRN、ハードウェアと通信サービスの統合を狙ったジュニパーの「Cable as a Channel」プログラムに関する記事を掲載
ジュニパーやEliteパートナーであるCarousel Industriesの役員に、同誌のジーナ・ナーシシ氏がインタビューしました。現在、当社のACXシリーズ ユニバーサル アクセス ルーターと、Comcast Business Servicesが手がける通信サービスの融合をめざし、独自の「ケーブル ビジネス サービス プログラム」を展開しています。今回のインタビューでは、このプログラムを通じてジュニパーが仕掛けようとしているビジネスチャンスを取り上げています。
CRNの記事で、ジュニパーのパートナー セールス&米国ケーブル事業担当のデイビッド・ショルニックは次のようにコメントしています。
「継続的な収益の柱が確保でき、利益率向上の可能性があることから、パートナー様の間では通信事業進出のメリットに関する理解が深まっています。しかもそのチャンスは中小規模から大規模までさまざまな企業に広がっています。Comcast などのケーブル事業者はインフラやエッジ向けハードウェアを販売していません。このため、このビジネスモデルとチャネルが競合する心配もありません」

[× 一覧に戻る]