7月1日から始まったジュニパー パートナー アドバンテージ プログラムの拡充で、ビジネス強化を支援
7月1日、ジュニパー パートナー アドバンテージ(JPA)プログラムが刷新され、パートナー様にとっては、収益アップの可能性が高まり、ツール類、資料類もこれまで以上に豊富になりました。この日は、EliteレベルとSelectレベルのパートナー様の特典と要件も拡充されました。また、Learning Academyでは、プログラムの詳細が掲載されているほか、ラーニング モジュールの「パートナー」と「ディストリビューター」が始まりました。
このたびの刷新は、去る2月に発表したもので、パートナー プログラムや報酬をパートナー様のビジネス モデルに合わせて拡充します。詳細については、パートナー担当責任者マット・ハーレーが「Partnering for Business Growth」と題するビデオで説明しています。
製品承認要件を従来の7項目から、ルーティング、スイッチング、セキュリティの3項目に大幅削減しました。また、チャンピオン プログラムとラーニング アカデミーも制度を拡充し、パートナー様の専門能力を生かして次世代市場向けに最適なサービスを提供していただけるようになります。
EliteとSelectのパートナー様は、「Base 製品インセンティブ リベート」と新設の「コマーシャル アクセラレータ リベート」にご参加いただけます。さらに、四半期インセンティブ プログラムと四半期ごとの成果に対するコンシステンシー ボーナスに半期目標値を新たに導入しました。サポート サービス専門分野のEliteパートナー様の場合、成果目標達成時に四半期リベートの対象となります。また、パートナー様のセールスご担当者が新規ユーザーに製品を販売された場合、ご担当者へのインセンティブも用意しています。詳細については、パートナー センターのJPA ページをご覧ください。
さらに、ジュニパー マーケティング コンシェルジュも刷新されました。需要喚起のプラットフォームとしての効果を高めるため、すべてのパートナー様を対象に事業拡大に活用していただけるようになりました。資料やキャンペーンのパーソナル化に加え、ライブのマーケティング リソースをマーケティングに活用することも可能です。貴社の独自色を加えたキャンペーンの開発、リードづくり支援、パイプライン構築にこうしたマーケティング コンシェルジュをぜひご利用ください。

[× 一覧に戻る]