ジュニパーCTO、RSA Conferenceでセキュリティの"次世代の姿"を披露
会場でキーノートスピーチに立ったジュニパーのセキュリティ担当CTOクリス・ホフは、セキュリティの“次世代の姿”を披露しました。実は今回のプレゼンテーション、次世代セキュリティを9歳の天才少年「リューベン・ポール君」に見立てて解説するというユニークな試みでした。ホフは、次代を担う未来の起業家たちのために、高度なセキュリティのプログラミングが可能な環境づくりに向け、セキュリティ関係者に投資の拡充を呼びかけました。
ちょうどそのころ、ジュニパーのブースの裏側では、Ixia が世界最速ファイアウォールであるSRX5800を使って2Tbpsのパフォーマンスを検証 しました。
次世代技術で何が変わるのでしょうか。RSA Conference向けに制作された本ビデオでは、小学3年生の天才少年ポール君がホフのノートPCをハッキングして完全に支配下に置き、ビデオカメラまで操る様子が描かれます。
パートナー センターでセキュリティ セールス ツールがダウンロード可能にさらにJMCではキャンペーンも利用可能に
ジュニパーのセキュリティ製品用の最新セールス ツールがダウンロード可能になりました。パートナー センターの「2015 Innovation Showcase 」から「セキュリティ」タブを開いてください。また、ジュニパー マーケティング コンシェルジュを通じて、すぐに実施可能なセキュリティ キャンペーンもご利用いただけます。キャンペーン対象は、支店向けSRXセキュリティデータ センター/クラウド、さらに最新のリテール向けSecure Storeキャンペーンも用意されています。
ホフのブログの投稿 のほか、ThreatposteWeekDark Readingの掲載記事もご覧ください。モーラ・ゴンザニによる仮想ファイアウォールの基本10カ条も併せてご覧ください。
SRXシリーズに円滑に変換できる新移行ツール
今月号のセキュリティのコーナーでも紹介されているとおり、 Juniper Firewall Migration Cloud Tool (JFMC)が登場しました。ジュニパーの従来のファイアウォールや他社製ファイアウォールからJuniper Networks SRXシリーズ サービス ゲートウェイに移行する際、大部分の設定変換作業を自動化できます。使い方はJFMC Tool User Guideをご覧ください。また、ラーニング アカデミーで提供開始となったオンデマンド トレーニングもご利用いただけます。

[× 一覧に戻る]