物理と仮想のSRXシリーズ ファイアウォールで脅威をいち早く阻止
2015 Innovation Showcaseで発表されたExpress Path for the SRX5000ラインは、パフォーマンスを大きく向上させ、伝送遅延を劇的に短縮した結果、スループットが1Tbpsに強化されています。このサービス高速化パスの設定により、情報やパフォーマンスのニーズの重要度に基づき、トラフィック フローのセキュリティをアクティブに管理し、パフォーマンスとセキュリティの両立を可能にします。このアプローチにより、利用可能な帯域とパフォーマンスが向上し、99.9999%の信頼性を確保します。また、すべてのトラフィックのセキュリティ リソースについて、適切な優先順位の付与と割り当てを実行します。
同時に、ジュニパーでは、仮想ファイアウォール「vSRX」(旧称Firefly Perimeter)向けにAppSecure 2.0を搭載した新たなアプリケーション セキュリティ機能を発表しました。高度なアプリケーション ベースの脅威から、クラウドやハイブリッド データ センターを的確に保護します。今回の機能強化では、レイヤー7ファイアウォール サービスを統合接続・ルーティング、統合脅威管理(UTM)、侵入防御システム(IPS)など、既存のサービススイートに追加し、仮想セキュリティ ソリューションを実現しました。
パートナー様向け販売支援資料
パートナー センターのInnovation Announcementページの「Security」タブから以下のリンク先資料が利用できます。
ラーニング アカデミーでのトレーニング
外部顧客対応コンテンツ
プレスリリース

[× 一覧に戻る]