Converged Supercoreアーキテクチャを採用、業界最強のコアルーターでルーティングに新たな革命
費用対効果とエネルギー効率に優れたConverged Supercore®アーキテクチャで、再びジュニパーがパフォーマンスの限界を打ち破りました。このアーキテクチャは、新型チップセット、新たなシステム容量、SDN機能を組み合わせています。
先の2015 Innovation Showcaseで発表されたPTX5000 は、スロット当たり3 Tbps(100GbEインターフェイス×30)、総容量は24Tbps(半二重で48Tbps)と、競合他社の3倍のスループットを実現、業界トップクラスのエネルギー効率(ギガビット当たり0.5W)を実現しています。一方、PTX3000は、設置スペースの限られた環境に特化した製品で、直接の競合他社製品と比べて91%も小型化された筐体ながら、8Tbps(半二重で16Tbps)を実現します。
NorthStar Controllerの強化により、これまで以上に多くのレイヤーの可視化や制御が可能になり、モバイル系、クラウド系のアプリケーションに多く見られる変動の激しいトラフィックにも的確に対処します。複数のネットワーク レイヤーの制御・プログラミングを自動化する業界唯一のトラフィック エンジニアリング コントローラとして、クリック1つで刻々と変化するネットワーク状況に対応し、サービス プロバイダのネットワーク利用率を向上させます。
パートナー様向け販売支援資料
パートナー センターのInnovation Announcementページの「Routing」タブから以下のリンク先資料が利用できます。
ラーニング アカデミーでのトレーニング
外部顧客対応コンテンツ
プレスリリース

[× 一覧に戻る]