ジュニパーネットワークス、ルーティング製品の拡充でスモール セル アクセスとメトロ イーサネットのソリューションを改良
ジュニパーの新型ルーターACX500ACX5000、さらにソフトウェア「Junos® Space Network Management Platform」の改良版がサービス プロバイダー向けに登場しました。容量追加、サービスの迅速なオーケストレーションやプロビジョニングが可能です。
この新製品をベースに、今後もモバイルIP製品を拡充し、総合的なアプローチで効率的なモバイル サービス開発を支援します。Service Control GatewayMXシリーズ 3Dユニバーサル エッジ ルーターなど、ジュニパーの現行製品と組み合わせることにより、新サービスを最適なコストで柔軟に提供できるIP/MPLSソリューションが実現します。さらに、サービス プロバイダー業界では共通のHetNetインフラを使い、モバイル バックホールとメトロ イーサネットをカバーするニーズが高まっているため、ジュニパーのキャリア イーサネット ソリューションはハードウェアとソフトウェアをシームレスに融合して、こうしたニーズに対応します。
  • ACX500
    第2四半期出荷予定の本ルーターは、LTEネットワークの高度化に伴う容量面の問題緩和を目的に開発されました。また、業界で初めてGPS受信機を搭載、セルの信号のハンドオフ精度が向上、その結果、呼の損失が減少するほか、E911(緊急通報発信時の位置情報通知機能)など位置情報活用サービスの改善、モバイル ユーザー向け動画ストリーミングの品質向上につながります。ACX500はサービス オプションの拡張性とカスタマイズ性に優れています。また、ファンレス設計を採用、堅牢性が高く、屋内、屋外を問わず利用できます。
  • ACX5000
    当四半期出荷予定の本ルーターは、ネットワーク ファブリック内に直接仮想化機能を組み込める業界唯一のキャリア イーサネット ルーターです。スモールセル、マクロセル、家庭向けや企業向けのブロードバンド ネットワークなど、多彩なネットワークのアグリゲーションが可能です。
プロビジョニングと管理を簡素化
キャリア イーサネット ネットワークのサービス プロビジョニングは時間がかかり、リソース消費も激しくなりがちです。そこでジュニパーでは、「Junos Space Connectivity Services Director」とクロスプラットフォーム型プロビジョニング ソフトウェア「Junos Space」で、こうした新しいデバイスをサポートします。IPサービスやイーサネット サービスのマルチベンダー ネットワーク間で、キャリア イーサネットの自動プロビジョニングを実現します。
ニュースのハイライトは当社プレスリリースをご覧ください。

[× 一覧に戻る]