「Partnering for Business Growth」戦略で「Juniper Partner Advantage」プログラムを強化
パートナー プログラムの改善計画について触れたビデオです。本ビデオで、ワールドワイド パートナー プログラム担当シニア ディレクターのデイビッド・バンケンパーは、Partnering for Business Growth戦略の最重要ポイントについて、「パートナー様がジュニパーとビジネスを円滑に進められるようにすること」と説明しています。
バンケンパーは、今年実施する3分野での「Juniper Partner Advantage」プログラム改善計画を発表しました。
  • ビジネスの円滑化に向けたパートナーシップの強化
  • 収益アップに向けた次世代型パートナーシップ構築
  • 成長をもたらす収益性の高いパートナーシップ
具体的な改善項目は次のとおりです。
  • 製品、サービス、物流の各プログラムをJPAの枠組みの下で一元管理
  • パートナー レベルを現行の4段階から3段階(Reseller、Select、Elite)に整理統合
  • 製品取り扱いの権限を現行の7種類から3種類(ルーティング、スイッチング、セキュリティ)に簡略化
  • クラウド認定制度を導入
  • EliteとSelectへの要件改訂
  • セールス認定制度の要件を削除
  • 技術力認定要件として「チャンピオン プログラム」を適用
  • サービス専門分野とサポート専門分野の要件を追加
その他、プログラムのシンプル化、効率化、パートナーメリットの増加を目指した改訂が行われています。
パートナー向けビデオの中でバンケンパーは次のように話しています。
「JPAの改善策により、パートナー様の望む取引のあり方に一層近づくものと考えています。ジュニパーでは、皆様の収益アップに貢献する高成長分野への投資を拡大しています。この結果、パートナー様にとっては、報酬面でも収益面でもプラスとなり、ジュニパーとのビジネス強化につながります」
本件に関する詳細情報
パートナー センターのJPAページでは、以下の資料を提供しています。

[× 一覧に戻る]