Gartnerのキャリアクラスネットワーク向けファイアウォール市場シェアでジュニパーは「リーダー」に
この領域では初となるGartnerのCompetitive Landscapeレポートによると、ジュニパーネットワークスはキャリアグレードのファイアウォール市場シェアで約4分の1(24.8%)を獲得、同分野で第2位となりました。
ジョナサン・デイビッドソンは自身のブログ投稿で「このように高い競争力を発揮できたのは、ジュニパーの戦略、そしてお客様のニーズに応えて価値ある製品を提供するという取り組みの成果にほかなりません。ジュニパーは、お客様が抱える課題を即座に把握し、製品や機能、ソリューションで問題解決を図ってお客様の成功に貢献してきました」と綴っています。
デイビッドソンによれば、キャリアクラスのファイアウォール市場への取り組みでは、ジュニパーのソリューションが威力を発揮する固定通信、移動通信、ケーブル、Web 2.0プロバイダという4分野に重点を置いています。「各分野とも固有の要件があり、セキュリティのニーズも個別に対応しなければなりません」とデイビッドソンは説明しています。

[× 一覧に戻る]