Verizon Cloud Marketplaceのサービス提供第一弾は仮想ファイアウォールのFirefly Perimeterなど
Verizon Enterprise Solutions News Centerに掲載されたリリースによれば、同社はVerizon Cloud Marketplaceを立ち上げ、顧客向けにクラウド導入手続きの簡素化に取り組んでいます。エンタープライズ向け技術を中心とした充実のエコシステムを整備しており、同マーケットプレイスはこの取り組みの重要な柱となります。当初、同マーケットプレイスでは、ジュニパーネットワークス、AppDynamics、Hitachi Data Systems、pfSense、Tervelaの構成済みのクラウドベース サービスが提供されます。
VerizonのCloud Marketplaceでは、Juniper Networks Firefly Perimeterが提供されます。同社は「高度セキュリティ サービス、充実のネットワーキング機能やルーティング機能、インテリジェントな自動管理機能を搭載した仮想ファイアウォール ソリューションで、ユーザーがパフォーマンスや可用性、制御を犠牲にすることなく、臨機応変にファイアウォール防御体制を導入・拡張できます」と紹介しています。Firefly Perimeterは、サービス ゲートウェイとして定評あるJuniper Networks SRX シリーズの仮想版に相当する製品で、部門、アプリケーション、テナントなど幅広い用途に利用できるフル機能搭載の仮想ファイアウォールとして、一元管理も個別管理も手軽に実行できます。
リリースによれば、Verizon Cloud MarketplaceはVerizon Cloudを利用する企業向けに全世界で展開、Verizonのクラウド環境での運用が認定されているソフトウェアベースのクラウド リソースのワンストップ ショッピングが可能です。

[× 一覧に戻る]