IBM Redguide新刊:IBM Cloud OrchestratorとJuniper Networks Contrailでクラウドを的確に制御
IBM Redguideの新刊は、IBM Cloud OrchestratorとJuniper Networks Contrailの機能を生かして、刻々と変化するニーズに迅速に対応し、臨機応変にリソースを拡張するとともに、多彩なアプリケーションやインフラ、管理ツールのパフォーマンスを向上させるテクニックが紹介されています。
同レポートの要約版(Get Control of Your Cloud with IBM Cloud Orchestrator and Juniper Networks Contrail)では、Juniper Networks Contrailを「オープン、モジュール式、標準準拠を業界で初めて達成したソフトウェア ソリューション。サービス プロバイダのエッジ ネットワークやデータセンターで既存の物理インフラと仮想ネットワーク機能をシームレスに融合する」と評価しています。
同レポートでは、IBM Cloud OrchestratorとContrailを連携させ、複数の提供モデルやプラットフォーム、ワークロード タイプに対応する方式を推奨しています。最後に「リスクを最小限に抑え、長期にわたって価値を生み出すことができる。その結果、機動性とコスト(設備投資、運用コスト)節減の両面でサービス プロバイダのビジネスに貢献する」と締めくくっています。

[× 一覧に戻る]