Dimension Data と共同スポンサーによるIDCホワイトペーパー
「Leveraging Network Virtualization for Business Differentiation」
Dimension Dataとジュニパーネットワークスが共同で委託したIDC Technology Spotlight「Leveraging Network Virtualization for Business Differentiation」が公開されました。
Spotlight冒頭のサマリーによれば、「現在、世界のネットワーク通信事業者がインフラを仮想化して、ソフトウェア制御によるプログラマブル環境への進化に取り組んでいます。目的は機動性確保と事業の差別化に尽きます。さまざまな技術が普及し、通信サービスプロバイダ(CSP)のインフラが変化するとともに、ITとネットワーク技術の融合をきっかけに、運用、組織、業務プロセスの面で新たな課題が発生します。
同Spotlightでは、こうした課題を取り上げたうえで、戦略的に重要なCSP向けインフラ市場でのDimension Dataやジュニパーネットワークスなどネットワーク技術ベンダーの役割を論じています。

[× 一覧に戻る]