ジュニパー・VMwareのアライアンスが重点的に取り組む集中化仮想環境とNSXオープン・インテグレーションのメリットの上手な伝え方についてオンデマンド型のオンラインセミナーで解説
仮想化環境の集中化を通じてVMwareとの連携強化: 本セッションでは、オープン・ソリューションを軸とするジュニパーとVMwareの戦略的アライアンスについて解説します。対象ソリューションには、Juniper Networks EX9200イーサネットスイッチやMXシリーズ3Dユニバーサルエッジルーターによる多彩なユニバーサルSDNゲートウェイなどが含まれます。セッションで扱うテーマは次のとおりです。
  • 中小規模データセンターの論理環境へのアドレッシング
  • ジュニパーとVMwareの連携によるデータセンターのマルチテナント対応
  • データセンタークラウドでのジュニパーとVMwareの連携により、ビジネスの機動性が向上
ジュニパー、NSXのオープンな統合でVMwareとのパートナーシップを強化
ジュニパーのエキスパートが、EX9200スイッチやMXシリーズルーターによるユニバーサルSDNゲートウェイなど、ジュニパーのスイッチング・アーキテクチャや各種構成要素を使ったオープン・ソリューションについて解説します。
本セッションでは、VMwareに対する当社の取り組み、業界動向、競争上のシナジー効果のほか、EXシリーズ イーサネットスイッチ、QFXシリーズ スイッチ、MXシリーズとContrailの組み合わせなどを生かしたオープン標準規格による環境構築について、お客様とのセールストークのあり方も取り上げます。
VMware NSX製品をすでに導入済みのお客様に深く浸透する戦略を採用する一方、VMwareだけでなく、オープン標準に準拠したSDNベンダーともオープンな統合(Juniper Contrail/OpenContrail、 ODLなど)を進めます。
本セッションの締めくくりは、ジュニパーのMetaFabricアーキテクチャ・ソリューションの差別化やポジショニングの解説です。また、物理・仮想インフラ間のスマート転送、エンドツーエンドの可視化・管理、テレメトリーや分析、統合型セキュリティ、アプリケーション別・フロー別のトラフィック・ハンドリングなど、ジュニパーとVMwareの協力分野についても取り上げます。

[× 一覧に戻る]