2014年はセキュリティ事業飛躍の年 —— ジュニパーセキュリティ担当役員がパートナー様向けに最新事情を語る
ジュニパーのお客様にとってセキュリティは最重要課題。脅威や攻撃のニュースが引きも切らない中、High-IQネットワークやクラウド環境に対して適切なセキュリティ・ソリューションを求める声がお客様の間で高まっています。
ジュニパーのセキュリティ戦略に関する最新情報をお伝えするため、このほどジュニパーの役員による動画をパートナーセンターのホームページで公開しました。2014年をセキュリティ製品販売の飛躍の年にすべく取り組んでいるジュニパーの戦略や最近の成果がまとめられています。
現在の状況、今後の見通し、今すぐ利用できる各種リソースなど、概要は次のとおりです。
  1. セキュリティ事業に総力をあげて取り組んでいます。第1四半期にはRSAカンファレンスで業界の今後の行方や新しい脅威に対するジュニパーの積極防御のあり方などを説明しました。来場者の反応もよく、当社ブースへの来訪者数は昨年に比べて20%増となりました。セキュリティ事業部ゼネラルマネージャー、ナワフ・ビターのキーノートスピーチは多くのメディアに取り上げられました。今年後半に登場予定のArgon Secureなど、データセンターやエッジの戦略もアナリストの間では好評でした。
  2. 現在、セキュリティ事業の方向転換を進めており、数々の案件を獲得しています。第1四半期の獲得案件としては、Telus、MTS Moscow、Telecom Namibia、Vodafone Italy、フロリダ州などがあります。
  3. 今後のジュニパーのセキュリティ事業は、動画で当社幹部がパートナー様向けに解説しているように、しっかりとした事業戦略とロードマップを基盤に据えていきます。
  4. 特に効果的なセールスツールとリソースはパートナーセンターのセキュリティページに集約しました。第2四半期の案件獲得にご活用ください。
ジュニパー経営陣は、最高の製品、機動性あふれる戦略、安定したアーキテクチャをお客様にお届けするため、総力をあげて取り組んでいます。セキュリティはHigh-IQネットワークやクラウドビルダーのリーダーをめざすうえで、セキュリティは切っても切れない関係にあります。パートナー様とともに勝ち取った案件の数々は、まさに成功への軌跡と言えます。

[× 一覧に戻る]