Novarum高密度無線LAN比較レポートでジュニパーの性能優位が明らかに
Novarum高密度無線LANテストシリーズの第2回レポートはこちらからダウンロードできます。レポートによると、ジュニパーの無線LANソリューションがCiscoやArubaを上回り、最高のシステムスループットと最低のリトライ率を達成しました。ぜひこのレポートをお客様や見込客の皆様にもご覧いただき、ジュニパー製品がCiscoやArubaと比べて性能面で優位にある点をアピールして、無線製品の販売契約率アップにお役立てください。
ジュニパー製品は、クライアント数100未満から300超に負荷が高まった場合でも一貫して性能を維持し、絶対スループットだけでなく、負荷増加時のMACフレームリトライ率やストリーム障害率など基本的な諸条件面も最高レベルの成果を発揮しました。最高性能を発揮できるクライアント数で見ると、ジュニパー製品は、Arubaよりもクライアント数が50%以上増えても最高性能を発揮しました。Ciscoについては、クライアント数も総トラフィック負荷量もテストさえできない状況でした。ユーザー端末が高密度な場合の負荷については、ジュニパーの揺るぎない優位性が明らかになりました。
第1回レポート全文は、こちら(Novarum高密度無線LANテスト)からダウンロードできます。

[× 一覧に戻る]