パートナーの高性能なクラウドソリューションや同サービスの提供を支援するPartner Advantage Cloud
所定の条件を満たすEliteパートナーの皆様が対象のクラウド特化型の制度が誕生しました。クラウド系のインフラパートナー、システムインテグレーター、サービスパートナーとして、ソリューションの選定・高速化・提供が可能になります。
ジュニパーネットワークスのEliteパートナーのうち、特定条件を満たすパートナーの皆様に特化した「Partner Advantage Cloud」が登場しました。クラウド系のインフラパートナー、システムインテグレーター、サービスパートナーとして、ソリューションの選定・高速化・提供が可能になります。ジュニパーの製品・ソリューションを生かし、新たな収益源づくりにご活用いただけます。
今回のPartner Advantageプログラムの拡張を受け、クラウド対応のためのプログラミングや技術、サービス、サポートに必要なインフラがそろいます。また、クラウド系のアーキテクチャや顧客サービスが充実するため、パートナーの皆様にとってはクラウド活用のビジネスチャンスが広がります。また、クラウドに特化した運用、マーケティング、ファイナンス、リワードの各種オプションも用意されています。
  • セールス系・技術系トレーニング
  • セールス系・マーケティング系ツール
  • コミュニティ対応・投資
  • クラウドイノベーションのMDF(マーケティング開発ファンド)
  • パートナー向けディスカウント&リベート制度
本プログラムの対象となるパートナーは次の3つのタイプです。
  • CSI(クラウドシステムインテグレーター)
    Eliteパートナーのうち、SDN、ネットワークインフラ、高度セキュリティの承認を受けたパートナー、またはPartner Advantage Professional Servicesを専門とするパートナー。CSIは、フル機能を装備したカスタマイズ型クラウドシステム・ソリューションの導入・提供が条件となります。これには、クラウドサービスパートナー(CSP)またはプライベートクラウド導入企業向けのプロフェッショナル・サービスも含まれます。
  • CSP(クラウドサービスパートナー)
    Juniper Partner Advantage Support Servicesの専門資格を生かし、ジュニパー製品の再販ではなく、ジュニパー製インフラをベースに、クラウドを使った優先制御型サービスやマネージドサービスの販売・プロビジョニングを手がけるパートナーです。
  • CIP(クラウドインフラパートナー)
    Eliteパートナーのうち、SDN承認のあるパートナーが対象です。このCIPは、Contrail SDN製品など、ジュニパー製インフラをベースにクラウド・ソリューションを提供します。
Partner Advantage Cloudプログラムにお迎えする最初のパートナーは、ICT NetworksNERA Telecommunications日商エレクトロニクスXantaro Groupの各社です。日本では実働に向け現在準備中です。

[× 一覧に戻る]