無線LANは、BYODの急増に対応できるのか——オンデマンド型オンラインセミナーで高密度実験の結果も紹介
調査会社Novarumは、第三者機関として、ジュニパーの無線LAN製品を対象に最大規模のBYOD公開実験を実施しました。その結果、ユーザー側での通信中断を引き起こすことなく高密度BYOD環境をサポートできることが検証されました。この実験の模様をまとめた報告書「High-Density WLAN Testing」がありますので、ぜひお客様にもご提供ください。また、ジュニパーによるおラインセミナー「Can Your WLAN Handle the BYOD Explosion?」もご利用いただけます。セミナーでは、実験結果の解説のほか、ジュニパーのエンタープライズシステムズグループのマーケティングディレクター、ティナ・ヘレラによるQ&Aコーナーもあります。

[× 一覧に戻る]