最新のネットワークエッジサービスとサービスカードによるMXシリーズのパフォーマンス向上効果をオンデマンド型Webキャストで学ぶ
業界最新・最強の組み合わせであるネットワークエッジサービスとサービスカードでMXシリーズのパフォーマンスが飛躍的に向上します。この仕組みについてオンデマンド型Webキャストでご紹介します。例えば、新型カード(MS-MPCやMS-MIC)の場合、NATの処理量が1700万フローから1億2000万フローに跳ね上がります。さらに、ミッドレンジ製品のMX5、MX10、MX40、MX80でもMS-MICとの併用により、ネットワークエッジサービス機能が利用可能になり、新たな可能性や用途が広がります。
ジュニパーのネットワークエッジサービス製品やMX 3Dユニバーサルエッジプラットフォームのサービス、運用規模、帯域を余すところなく活用することで、ネットワークの簡素化、サービスの機動性アップ、運用の効率化につながります。今回のパートナー向けWebキャストでは、上手な活用法を1時間にわたって解説します。
貴重なトレーニングセッションの機会をお見逃しなく。セッション参加による学習クレジットも獲得可能です。

[× 一覧に戻る]