EX9200、EX8200、QFabricシステムの位置づけ:製品別の販売タイミング
新製品EX9200プログラマブル・スイッチを始めとする、Junos OS搭載のスイッチ・プラットフォームなら、企業ネットワークやデータセンターに最適な環境を構築できます。

SDN(software-defined networking)を促進するジュニパーネットワークスはこのほど、イーサネットスイッチとしては業界一のプログラマブル対応範囲誇る新製品EX9200を発表しました。お客様ごとのニーズに最適なスイッチの選定に関してお悩みの方も多いと思います。

そこでジュニパーの優れたスイッチ・プラットフォームについて、主な特長をご紹介します。

EX8200イーサネットスイッチを相互接続し、1つの論理デバイスとして運用できます。EX8200プラットフォームを始め、EXシリーズの多くのイーサネットスイッチに搭載されているジュニパーのバーチャルシャーシ技術。この技術を利用することで、10GbEの高密度なデータセンターや企業ネットワークのアグリゲーション、コアネットワーク環境に最適な高性能・高可能性のスイッチングが実現します。販売用の各種リソースは、J-Partner.netのEXシリーズのページからご利用いただけます。

製品の位置づけ
高度分散型の企業ネットワーク、集中型の企業ネットワークやデータセンターの環境には、引き続きEX8200をご推奨ください。4メンバーのバーチャルシャーシクラスターで管理業務の負担が劇的に軽減されます。すでにEX8200をご利用いただいているお客様のニーズが変わった場合には、EX9200またはQFabric™システムへの移行をお手伝いします。

EX9200プログラマブル・スイッチは、現行規格はもちろん、将来にわたってSDNインタフェースと同プロトコルをサポートします。企業ネットワークやデータセンターのインフラ向けに開発された新製品EX9200プログラマブル・スイッチは、刻々と変化するビジネスニーズに素早く対応できます。標準でジュニパーネットワークスのバーチャル無線LANコントローラJunosV無線LAN コントローラに対応しており、信頼性と柔軟性に優れています。

製品の位置づけ
高度なプログラミング機能や自動化機能をお求めのお客様の企業ネットワークやデータセンターの環境には、EX9200をご推奨ください。

QFabricファミリーは、伝送遅延を抑えたスイッチファブリックで1層型のデータセンター・ネットワークを構築します。ジュニパーネットワークスのQFabricシステムでは、データセンターのあらゆるデバイスが1ホップ以内になるため、究極のパフォーマンスが実現するだけでなく、ビジネス上の機動性が高まり、高性能コンピューティング・システムを運用する企業やクラウド事業者にとっては保有コストの抑制にもつながります。販売用の各種リソースは、J-Partner.netのQFabricのページからご利用いただけます。

製品の位置づけ
特に要件水準が厳しい高性能データセンター環境では、最高水準の拡張性と優れた管理効率が求められます。こうした環境向けに開発されたのが、ジュニパーが誇る主力のアーキテクチャ、QFabricです。

J-Partner.netでは、データセンター向けの各種プロモーション企画や販売用リソースをご提供しています。

[× 一覧に戻る]